フルカスタムの場合は
基本的にワンオフでシートを制作していきます

シート制作過程

 sr400ワンオフシート制作画像1

一枚の鉄板から、溶接板金制作です。ガスで曲げたり叩いたり
角はすべて表皮にダメージを与えない様、表皮の表面にひびかない様に
アールをつけて削っていきます。

 sr400ワンオフシート制作画像2
 SR400 ムーンアイズMOONEYESヘッドライト&ワンオフステー
srヘッドライト  

ハイロースイッチを埋め込み、ネック側ギリギリまで寄せてステーを制作。
 
sr400ワンオフシート制作画像3
 レストア作業。
フルカスタムのご注文を受けた場合、
制作して行く上で、実は形を作るよりも倍の作業時間がかかるのが
レストアです。
ベース車両は業者オークションで、検査官が採点した
5点満点中4点以上の車両を使用しますが、
90年代後半の車両は機関は4点物でも
アルミに腐食のある物などすべて車両の完成イメージに
合わせてレストアしていきます。


SR400ブレーキレストア画像1
アルミニウムの腐食をとり
再塗装やポリッシュなど車両の雰囲気に合わせて
仕上げていきます

SR400ブレーキレストア画像2
ブレーキライニングシューも新品に近い部品以外は
すべて新品交換していきます。
その他の部品についても同様です。

SR400ブレーキレストア画像3
 ハンドル周り画像
配線中通しなど、シンプルにまとめます。


ヤマハSR400ハンドル周り画像

ヤマハSR400ハンドル周り画像2
グリメカマスター、IK worksグリップ、SR400カスタム
グリメカマスターシリンダーSR400
スモールウインカーパーカライズ、ウェリントンアクセル

 
ヤマハSR400センターメーター
SR400 メーター
センターメーターステーを制作、シンプル過ぎるハンドル周りに。
デイトナスピードメーター バッテリー搭載で、イグニッションオンとともに
文字盤が浮かび上がります
 
SR400 イモビライザー メインキー移設
SR400イモビライザー移設
SR3型のイモビ付きメインキーをサイドに移設
ボルトオンパーツでは出せない位置に、なかなか大変な加工です
 
完成した車両は、試運転をくりかえし
セッティング、点検していきます。
xlh&sr
 
SR400 タンク容量
初期ナロータンクからインジェクションまで

燃料タンクの容量は12リットル
60km/h定地燃費は40リッター越えと諸元表にはありますが、
バイクの場合ひっぱったり、ストップ&ゴーの繰り返し、速度で結構変わります。
実感としてストップ&ゴーの街乗りで25から30km/h
高速で30km/hから35km/h


レイナルでは純正タンクも加工、板金、取り付け位置加工で
オリジナルに仕上げます。
SR400タンク容量

SR400タンク容量 ナロータンク